読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の1パック 9日目

f:id:lapluswitch:20160927150935j:image

9日目の今日は《Emヒグルミ》

の登場で大いに荒れたディメンジョン・オブ・カオス。

さっそく開封します。

 

当たったカードはこちら 

f:id:lapluswitch:20160927150946j:image

 

f:id:lapluswitch:20160927150954j:image

アーティファクト-ヴァジュラ》

"効果モンスター
星5/光属性/天使族/攻1800/守1900
(1):このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠ゾーンにセットできる。
(2):魔法&罠ゾーンにセットされたこのカードが
相手ターンに破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
このカードを特殊召喚する。
(3):相手ターンに、このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
自分の魔法&罠ゾーンのカードを全て破壊する。
(4):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。"

 

ワールドプレミア枠で収録された【アーティファクト】カテゴリのモンスター。

通常の、魔法&罠ゾーンにセットできる効果とセットされた自身が相手ターンに破壊されると特殊召喚される共通効果に加えて、相手の直接攻撃時に手札から特殊召喚でき、さらに特殊召喚時に自分の魔法&罠ゾーンのカードを全て破壊する効果を持っている。

自身を直接召喚できる効果を持っているのがこのカードのポイントで、さらに魔法&罠ゾーン全てを破壊できる、つまり伏せていたアーティファクトモンスター全てを同時に特殊召喚できるというのものでかなり豪快。

相手の直接攻撃時に有用な効果を持っているのは《アーティファクト-モラルタ》《アーティファクト-アキレウス》の2つで、

特にアキレウスなら実質相手の直接攻撃を無効にできるので特に相性がいい。

今回はここまで。

 

 

 

今日の1パック 8日目

f:id:lapluswitch:20160927022116j:image

少し間を空けて8日目の今回は《EMモンキーボード》《神の通告》《ツインツイスター》

 などのパワーカードで物議を醸し出したブレイカーズ・オブ・シャドウを開封します。

 

当たったカードはこちら

f:id:lapluswitch:20160927022216j:image

 

f:id:lapluswitch:20160927022333j:image

《破壊蛮竜-バスター・ドラゴン》

"シンクロ・効果モンスター

星8/闇属性/ドラゴン族/攻1200/守2800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):相手フィールドのモンスターは、このカードが表側表示で存在する限りドラゴン族になる。
(2):自分フィールドに「バスター・ブレイダー」モンスターが存在しない場合、
1ターンに1度、自分の墓地の「バスター・ブレイダー」1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(3):相手ターンに1度、自分フィールドの「バスター・ブレイダー」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の墓地の「破壊剣」モンスター1体を装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。"

 

 相手の場のモンスターを全てドラゴン族に変える永続効果、"バスターブレイダー"モンスターの蘇生、さらにそのモンスターに破壊剣モンスターを装備させるという3つの効果を持つシンクロモンスター

このカードで【バスター・ブレイダー】デッキ特有のドラゴン族メタが全ての種族に及ぶようになるだけでなく、(2)(3)の効果で展開補助もできて中々に優秀。

基本的に【バスター・ブレイダー】デッキで使うことになるけれど、素材指定が無く、(1)のドラゴン族に変更する効果は種族を参照するデッキ(【ABC】【ガエル】【ブラック・マジシャン】etc…)に対するメタとしても機能するので、レベル8シンクロできるデッキにこのカード単体を出張させるのもアリかもしれない。

さらに闇属性ドラゴン族シンクロなので、《えん魔竜レッド・デーモン・アビス》の素材にもなれるのもポイント。

今回はここまで。

今日の1パック 7日目

f:id:lapluswitch:20160922215908j:image

7日目、金曜日の今日開封するのはシャイニング・ビクトリーズ。

現環境トップ、翌日から公開される劇場版遊戯王4DX版で《青眼の亞白龍》の配布でさらに注目が集まる青眼パーツ、そして表紙のクリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンが目玉のこのパック。

では開けていきたいと思います。

 

当たったカードはこちら。

f:id:lapluswitch:20160922215922j:image

 

f:id:lapluswitch:20160922220256j:image

《電子甲虫-ライノセバス》

エクシーズ・効果モンスター
ランク7/光属性/昆虫族/攻2600/守2200
昆虫族・光属性レベル7モンスター×2体以上
このカードは自分フィールドのランク5・6の昆虫族モンスターからX素材を2つ取り除き、
そのXモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
相手フィールドの守備力が一番高いモンスターを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

貫通効果とフリーチェーンで対象をとらないモンスター除去を兼ね備えたモンスター、と書いてみれば強そうに聞こえるけれど素材指定が重いのと、下級電子甲虫モンスターの②の効果の発動条件が自身を直接素材にしないと発動せず、エクシーズモンスターに重ねても召喚できるという効果とイマイチ噛み合ってなくて使い辛い。

《甲虫異変》を使えばこの点をカバーできるけれど罠なのがネック。

ところで、次弾で強化されますかね…??

と、今回はここまで。

今日の1パック 6日目

 f:id:lapluswitch:20160922214059j:image

6日目の今日はザ・ダーク・イリュージョン。

《強欲で貪欲な壺》はもちろん、環境で絶賛活躍中のメタルフォーゼ、今月のVジャンプの付録カードで強化されたブラック・マジシャンのデッキパーツが手に入る今注目のパック。

今回はこちらを開封。

 

当たったカードはこちら

f:id:lapluswitch:20160922214110j:image

 

f:id:lapluswitch:20160922214122j:image

 《DD魔導賢者トーマス》

ペンデュラム・効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻1800/守2600
【Pスケール:青6/赤6】
「DD魔導賢者トーマス」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分のエクストラデッキから表側表示の「DD」Pモンスター1体を手札に加える。
【モンスター効果】
「DD魔導賢者トーマス」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のPゾーンの「DD」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、デッキからレベル8の「DDD」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
このターン、この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、
相手が受ける戦闘ダメージは半分になる。

 

Pゾーンのカードと引き換えにデッキからDDDモンスターを呼び出せるという強力な効果を持つこのカード。10月の制限改訂から《DDスワラル・スライム》、《DDラミア》が準制限になったことにより弱体化したDDデッキ。

空いた枠に入れるカードはやはりこのカードなのでしょうか?

主要カードが2枚準制限にはなったけれど、まだまだ環境で活躍できる力はDDにはあるし、このカードを対戦で見る機会は多そうですね。

ってなわけで今回はここまで。

 

 

 

 

 

 

今日の1パック 5日目

f:id:lapluswitch:20160920222953j:image

前回に引き続き5日目の今回も(?)ブースターSPから8月に発売されたデステニー

 ・ソルジャーズを開封。

今回は「闇属性」をテーマにしたデッキを3種類組めるパックというのが公式からアナウンスされており、今までシンクロテーマ、エクシーズテーマと続いていたので今回のテーマは融合と思った方も多いのでは?(ちなみに融合テーマのパックは次回のブースターSPで11月発売)

てなわけで剥く。

 

今回はこの5枚

f:id:lapluswitch:20160920223137j:image

 

 

f:id:lapluswitch:20160920223207j:image

《堕天使マスティマ》

"効果モンスター
星7/闇属性/天使族/攻2600/守2600
自分は「堕天使マスティマ」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、
その(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカード以外の「堕天使」カード2枚を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
その魔法・罠カードの効果を適用する。
その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。

この効果は相手ターンでも発動できる。"

 

今回の新規堕天使モンスターで唯一自身の効果で場に出せるカード。主にこのカードを起点にして墓地の堕天使魔法、罠を使って展開というのがデザイナーの思惑なのでしょうが、実際は…、、、

クリスティアはやっぱり強い。

今日はこの辺で。

今日の1パック 4日目

f:id:lapluswitch:20160920001413j:image

4日目の今回は絶賛発売中(売り切れ中?) の最新弾のEXTRA PACK 2016を開封します。

今回のパックには海外新規テーマである【kozmo】【壊獣】【パージェストマ】の3テーマのカードが主に封入されており、これだけでほぼほぼパーツが集まるという親切設計になっています(あれ、これブースターSPじゃ…!?)。

と、余計な勘ぐりはこの辺にしていざ開封。

 

今回当たったのはこちら!

f:id:lapluswitch:20160920003345j:image

 

f:id:lapluswitch:20160920003354j:image

《Kozmo-エメラルドポリス》

"フィールド魔法
(1):1ターンに1度、除外されている自分の「Kozmo」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に戻し、自分はそのモンスターの元々のレベル×100LPを失う。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札の「Kozmo」モンスターを任意の数だけ相手に見せ、デッキに戻してシャッフルする。
その後、自分はデッキに戻した数だけデッキからドローする。
(3):フィールドゾーンのこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「Kozmo」カード1枚を手札に加える。"

 

共通のリクルート効果で除外したkozmoモンスターの回収(コストが軽すぎる)と手札で腐った上級kozmoの手札交換と痒いところに手が届きまくってるフィールド魔法。除去されてもサーチ効果が発動するアフターケアまでついてくる充実っぷり、さすが海外新規。

…、正直kozmo、いや今回のカテゴリーはほとんど調べてないから語れないw

なので今回はここまで。我ながらなんて酷い…。

今日の1パック3日目

f:id:lapluswitch:20160805061105j:image

 3回目のパックはたまたま近くのお店で見つけたこのパック、EXTREME VICTORY、今から5年前に発売されたパック。

タイトルの5D'sのロゴと右上の小売価格150円表記が懐かしい。

今日はそんなパックを開封します。

 

当たったカードはこちら 

f:id:lapluswitch:20160805061149j:image

 

 

 

f:id:lapluswitch:20160805061206j:image

"安全地帯

 永続罠
フィールド上に表側攻撃表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターは相手のカードの効果の対象にならず、
戦闘及び相手のカードの効果では破壊されない。
また、そのモンスターは相手プレイヤーに直接攻撃できない。
このカードがフィールド上から離れた時、そのモンスターを破壊する。
そのモンスターがフィールド上から離れた時、このカードを破壊する。"

 

対象のモンスターに戦闘と効果への破壊耐性と対象にとられなくなるという強固な耐性を付与する強力なカード。

そういえばこのパックが初収録でしたね。

ただ、このカードが場を離れると対象のモンスターも破壊されてしまうというデメリットがたまにキズ。なのだけれど、このデメリット効果を逆手にとり、相手のモンスターを対象にとってこのカードごと道連れにするという小ワザもあったりして中々便利でしたね。

最近あんまりみないのはきっとインフレの所為。絶対。