読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の1パック 7日目

f:id:lapluswitch:20160922215908j:image

7日目、金曜日の今日開封するのはシャイニング・ビクトリーズ。

現環境トップ、翌日から公開される劇場版遊戯王4DX版で《青眼の亞白龍》の配布でさらに注目が集まる青眼パーツ、そして表紙のクリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンが目玉のこのパック。

では開けていきたいと思います。

 

当たったカードはこちら。

f:id:lapluswitch:20160922215922j:image

 

f:id:lapluswitch:20160922220256j:image

《電子甲虫-ライノセバス》

エクシーズ・効果モンスター
ランク7/光属性/昆虫族/攻2600/守2200
昆虫族・光属性レベル7モンスター×2体以上
このカードは自分フィールドのランク5・6の昆虫族モンスターからX素材を2つ取り除き、
そのXモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
相手フィールドの守備力が一番高いモンスターを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

貫通効果とフリーチェーンで対象をとらないモンスター除去を兼ね備えたモンスター、と書いてみれば強そうに聞こえるけれど素材指定が重いのと、下級電子甲虫モンスターの②の効果の発動条件が自身を直接素材にしないと発動せず、エクシーズモンスターに重ねても召喚できるという効果とイマイチ噛み合ってなくて使い辛い。

《甲虫異変》を使えばこの点をカバーできるけれど罠なのがネック。

ところで、次弾で強化されますかね…??

と、今回はここまで。