読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の1パック 11日目

f:id:lapluswitch:20160929162706j:image

11日目の今日は《幽鬼うさぎ》でおなじみ、再販されるたびにすぐ売り切れる人気のクロスオーバー・ソウルズ。

こちらを開封します。

 

 当たったカードはこちら

f:id:lapluswitch:20160929162716j:image

 

f:id:lapluswitch:20160929162724j:image

《デストーイ・ホイールソウ・ライオ》

"融合・効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻2400/守2000
「エッジインプ・ソウ」+「ファーニマル」モンスター
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
「デストーイ・ホイールソウ・ライオ」の効果は1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、このカードは直接攻撃できない。
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、破壊したモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。"

 

そのターンダイレクトアタックができなくなる代わりに相手モンスター1体を破壊し、攻撃力分のダメージを与えるという、《No.61 ヴォルカ・ザウルス》に近い効果を持つカード。

このカードと近い役割を果たすカード《デストーイ・ハーケン・クラーケン》が 11月に発売される新パック"フュージョンエンフォーサーズ"に収録され、このカードの立場が危うくなっている。

というのも、《デストーイ・ハーケン・クラーケン》は効果ダメージこそ与えられないが、破壊ではなく墓地へ送る効果なので破壊耐性を無視できる点が一つ。

またこちらにも除去効果を使うと直接攻撃ができなくなるデメリットがあるが、融合以外でも特殊召喚できるため《デストーイ・サーベル・タイガー》を経由することでこれを回避でき、さらに2回攻撃が可能な点、そして素材が「エッジインプ」モンスター+「ファーニマル」モンスターと緩い点など多くの点で《デストーイ・サーベル・タイガー》を凌駕している。

このカードは大物(青眼、壊獣)で戦うデッキに対してなら使うかもしれない。

今回はここまで。