読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の1パック 15日目

f:id:lapluswitch:20161002222417j:image

今回開封するのはデュエリストパック-王の記憶編-

このパックの目玉はやはり《沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン》でしょうか?

それでは開封

 

当たったカードはこちら

f:id:lapluswitch:20161002222425j:image

 

f:id:lapluswitch:20161002222432j:image

《混沌の黒魔術師》

"効果モンスター
星8/闇属性/魔法使い族/攻2800/守2600
「混沌の黒魔術師」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功したターンのエンドフェイズに、
自分の墓地の魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊したダメージ計算後に発動する。
その相手モンスターを除外する。
(3):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。"

 

場に出たターンのエンドフェイズに墓地の魔法カードをサルベージできる《マジシャン・オブ・ブラックカオス》 のリメイク版とも言えるカード。

現在の効果は2015年4月1日にエラッタされたもので、それ以前は2008年9月1日から約6年半近く禁止カードに指定されていた。

エラッタ以前の効果はこちら

"効果モンスター(禁止カード)
星8/闇属性/魔法使い族/攻2800/守2600
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
自分の墓地から魔法カード1枚を選択して手札に加える事ができる。
このカードが戦闘によって破壊したモンスターは墓地へは行かず
ゲームから除外される。
このカードはフィールド上から離れた場合、ゲームから除外される。"

エラッタ前はサルベージ効果の発動制限がなく、タイミングも召喚後すぐに発動可能、さらに戦闘したモンスターを除外する効果も永続効果だった。

エラッタ後の効果は全体的に弱体化しているのだが、エラッタ前のサルベージ効果は自身の特殊召喚にチェーンを組まれるとタイミングを逃してしまったのが、エンドフェイズにタイミングが変わったことにより確実に発動できるようになったので完全劣化とはいえなくなった。

 

今回はここまで。